読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅ローンは不幸を招く

人間というのは自分が思っている以上に、不安を抱えている

 サラリーマンでも心の奥底では「リストラされたらどうしよう」とか「離婚してしまったらどうしよう」とかを抱えている。

 これに「住宅ローン」の不安もプラスされると、新しいお荷物を1つ抱え続けることになり元気はその分なくなっていく。

 子供のころは一部を除いては不安なんてなかった。だから「無邪気」でいつも「健康」で元気だった。ではなぜ大人になるとそれが無くなるのかというと、潜在的に「不安」を抱えているからなのだ。

 つまりこの「不安」の抱え具合が多い人ほど、「パワフルさ」は無くなっていく。

 

この世は、悲劇が訪れるとそのまま崩れることが多い

 例えば「離婚」という悲劇が訪れるとする。すると、人間は脆いため他にも影響がでてくる。仕事やプライベートにまで影響はとどまることを知らないのだ。

 そして「住宅ローン」という借金も抱え続けており、いままでいた家族がいない部屋はとても空しく、人は「俺、なにしてんだろ」となる。そして自分が崩壊する。

 やる気は失われ、社会の目が気になり始める。いままで見えていなかった、社会の厳しさが突然訪れ、対処法をしらない人はどうすることもできず、未来には漠然とした不安が蔓延っていて、死ぬ。

 意外とみんな知らないと思うが、日本での自殺は1時間に最低1回は自殺者がいる状態だ。全国の年間自殺者の数を週単位や日単位で考えていくと、そういう計算になる。

 自殺の多い年代は30代40代である。ここはマイホームを購入し始めたり、離婚が起こったり、子供の学費やらでお金がかかる時期だ。

 なにか1つの不安があると、全体に影響をおよぼすので、30代40代の自殺者はおそらく1つ悲劇が起こり、精神が崩れたのだろう。

 そしてマイホームは1つの悲劇にもなりうる原因でもあり、1つの悲劇から連結して訪れる不幸にもなりうるのだ。つまり、マイホーム購入というのは、不幸を作る原因になる。

 

家賃暮らしなら生活レベルを下げることで、幅も広がる

 でも、家賃暮らしなら解決策は見つかるのだ。

 やる気を失い退職したら、家賃のレベルを下げるだけでいいのだ。1人なら3万円でも十分暮らせるような物件はたくさんある。

 生活レベルを下げることにより、仕事の幅は広がる。つまり、年収が低い仕事でも選択肢に入ってくるのである。年収が低い仕事は「誰でもできる」仕事が多く、離婚し、精神的にも暗くなってしまった自分でも雇ってくれるのである。

 これは結構大切なことで、やることがあるということがどんなに心の支えになるのかが分かるはずだ。

 つまり、マイホームを持たないことは生きるための選択肢が多くなるということなのである。そして連結して訪れる不幸を予防することにもなり、悲劇として訪れることもないのだ。

 

 よく考えてマイホームを購入しよう。人間というものは常に「不安」をかかえていて、1つの「悲劇」から、それに連結して「不安」が「現実」となり「不幸」に変化していく。なるべく「不安」になる要素は作らない。そして「柔軟さ」をもち「選択肢」を増やす。それが現代社会で生きていくためには必要なのである。